せどり

転売屋ブラックリストツールなるものできたっぽいよ。それについて考えたこと。

こんばんは。



そういえば最近ツイッターで話題だったのが、これ

またお前らか、転売屋。みんなそろそろブチ切れてるよ。「転売屋ブラックリストツール(スタンドアローン版)」完成|秀@海外フリーランス|note
またお前らか、転売屋。みんなそろそろブチ切れてるよ。「転売屋ブラックリストツール(スタンドアローン版)」完成|秀@海外フリーランス|note

続きを見る

転売屋ブラックリストツールなるものですね。




転売ヤーを登録すると、今後Amazonページを見た際に転売ヤーと表示されるようです。

店名を変えてもIDで判別するため識別できるとのこと。





思ったこと

私自身転売ヤーに関しては思うところありました。

以前こんな事を思ったことあったのですね。





なので、基本的にはこのような転売ヤー撲滅というような動きがあることはとても理解のできることです。




ただ、懸念があるとすれば、もし誤認逮捕による冤罪のように、まっとうな商売をしている方が陰でこのようなリストに載ってしまうなことはないのでしょうか?





世の中の方はせどりも転売も同じという認識程度しかないと思います。

そのような中で果たしてこのような転売ヤー認定が100パーセント正しくおこなわれるでしょうか?




この製作者の方が転売で困り不快な思いをしたというのはとても気持ちはわかるのですが、

果たしてそこまで深い思慮ができているのか私は疑問です。




そして転売ヤーのわきにはまっとうなせどりにより日々堅実に生計をたてているまじめな方も大多数いるということです。

その人たちの不利益があるようなことがあってはならない。私はそう思います。




なにか転売ヤー撲滅という一種の善をかたった集団的活動という気がします。

それはわかりやすい善ですから、賛同者も多いでしょう。

ただし、そのような行為はかなり広範に言い換えれば、 カルト宗教のように自らの正義を掲げ、弾圧するという意味合いでは近いものを感じます。そのような気持ち悪さを私は感じました。




この取り組みがどうか有益な範囲のみに及ぶことを切に願います。

そしてまじめなせどらーに危害が及ばないことを。







今日の一曲

Nirvana - The Man Who Sold The World (MTV Unplugged)です。

今日はこんな気分~





ジャンクプリンターコンサルしてます。

仕入れ~修理、販売、管理までトータルでがっつり教えますよ。

詳しくは下記ブログまで ※コンサルの新規募集はお休み中です。

募集中コンサル

コンサルの新規募集はお休み中です ジャンクプリンターマスターコンサル ■内容 ジャンクプリンターの仕入れから、修理、販売までトータルでマスターしてもらうコンサルです。 1 ジャンクプリンターマスターマ ...

続きを見る



Line@では最新情報発信中です~

今なら登録無料特典として

修理不要ジャンクプリンター0円仕入れの秘密

インクヘッド一体型を0円仕入れする方法が載ってます。

是非ゲットしてくださいね!




-せどり

Copyright© シカセドブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.