歯科

なぜ歯の神経(歯髄)が大事なのか

こんばんは~

いやー明日また休日です。

休みはおおいほうがいいですね~


最近やり始めた自動収益系の構築面白くて今日も帰ったらやっていました。

色々試したい事が浮かぶので、早く帰ってやりたかったんですよね。

仕事のほうも、昨日に比べれば急患も落ち着き比較的ゆったりと仕事出来ました。

さて、今日はなぜ歯の神経(歯髄)が大事なのかというテーマです。


歯の神経 (歯髄) はなぜ大事か

歯の中には歯髄というものが入っています。

真ん中の赤い部分ですね。

それは神経と血管が織り交ざったものです。


歯髄はなぜ大事なのでしょうか。

それは


歯をもろくしないためです。


歯髄の大事な役割として、歯に栄養を与えるというものがあります。

歯髄がなくなってしまうと、その栄養がなくなり、もろくなってしまいます。

歯髄がある歯に比べ折れたり割れたりするリスクが一気に上がるのですね。

そのために歯をもろくしないためにも、歯髄を極力とらないほうがいいのです。



歯髄をとる一番の原因は虫歯

虫歯を放置しておくとやがて歯髄まで達してしまい、ズキズキと痛くなってしまいます。

こんな状態になってしまいます。


歯髄の炎症には大きく分けて2つあります。


元にもどる炎症

元に戻らない炎症


初めのうちの軽い炎症ならもとに戻りますが、ある程度炎症が大きくなると、歯の歯髄の炎症はもう元には戻りません。

ほおっておいても痛くなる一方です。そのため、神経をとらざるを得ないのです。


そして一度神経をとった歯はもろくなるため、歯を抜く状態に近づいたとも言えます。

なので、大本の原因となる虫歯にならないために、やはりよく歯はみがきましょう。

歯を磨きましょうと言われた事あるかと思いますが、突き詰めていえばそういう事なのです。


歯を磨かないと、やがて虫歯になり、それが原因で歯髄をとらざるを得なくなり、それが原因で歯が割れ、抜く。本数が多くなると入れ歯になる。

つまり歯を磨かないとしまいには入れ歯になるのです。


若くして入れ歯になる人もいます。

なので、なんとか歯磨きをしっかりして、大事な歯髄を守りましょう!



歯磨きの基本

歯磨きの基本はゆっくり動くことです。

さーっと流すようにして磨いて終わりではなく、こまめにうごかしながら、すこーしずつゆっくりと動きながら、磨いていくようにしてください。


ぱーっと磨いて終わりにすると結構磨き残しがでます。

そのような場所からどうしても虫歯になりやすいです。


忙しい時はいいので、夜など時間が取れる時は是非じっくりと歯を磨きましょう。

それが自分を守る習慣となってくれるのです。


ツイッターでお知り合いの衛生士さんSORAさんがご自身のブログでとても丁寧に歯の磨き方について書かれているので、是非チェックしてみて下さい~

 



まとめ

患者さんみなさんよくいいます。

年をとるほど歯の大事さが分かると。

入れ歯はやはり、自分の歯にはかないませんよ。


自分の歯で噛めるという事はとても貴重な財産なのです。

今日から自分の歯をより大事にしてあげて下さい!

大丈夫です!

少しずつよく磨く習慣付けていけばオッケーです。

大事なのはこれからですよ!





今日の一曲

BUDDHA BRAND - PUNCH(仮) (BLACK FILE exclusive MV "NEIGHBORHOOD")という曲です。

かっちょいいな。

ではよい週末を~





ジャンクプリンターコンサルしてます。

仕入れ~修理、販売、管理までトータルでがっつり教えますよ。

詳しくは下記ブログまで

募集中コンサル

再開しました。ゆる募です。 このページの目次1 ジャンクプリンターマスターコンサル1.1 1 ジャンクプリンターマスターマニュアル1.2 2 ラインチーム1.3 3 日々の修理や仕入れの相談1.4 4 ...

続きを見る



Line@では最新情報発信中です~

今なら登録無料特典として

修理不要ジャンクプリンター0円仕入れの秘密

インクヘッド一体型を0円仕入れする方法が載ってます。

是非ゲットしてくださいね!




-歯科

Copyright© シカセドブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.